免停中に人身事故のオリ選手だけじゃない……憧れのプロ野球界、もう1つの真実“2軍ズレ”の実態

免停中に人身事故のオリ選手だけじゃない……憧れのプロ野球界、もう1つの真実2軍ズレの実態の画像1
オリックス・バファローズ公式サイトより

 オリックス・バファローズは5月23日、奥浪鏡内野手(21)が運転免許停止中に人身事故を起こしたことを発表。奥浪に無期限の謹慎処分を科したことを発表した。

 奥浪は高卒4年目の選手で、1軍出場は昨年の15試合のみ。2015年には2軍でチーム最多ホームランを放つなど、パンチ力のある若手として期待されていた。そんな2軍選手の中には荒れた生活を送る選手も少なくないという。フリーのスポーツライターは語る。

「プロ野球の2軍選手といえば、1軍にはい上がるのに必死な若者ばかりと思いがちですが、実情は必ずしもそうではありません。そもそも1軍には『2軍落ち』という危機感がありますが、2軍にはそれより落ちるところがないので、そこに甘んじてしまう選手がいるんです。2軍といえば猛練習しているイメージですが、与えられた最低限の練習だけをこなし、なんとなく2軍戦に出て、試合が終わったら寮に帰っておしまいという子も少なくありません」

 それでもプロ野球界には2軍選手を狙う“2軍ギャル”がどのチームにも必ずいるため、女性関係も苦労しないのだとか。一方、2軍ならではの過酷さもあるという。

「2軍戦は客が少なく、ファンの声がよく通るため、ひどいヤジも選手の耳に届いていると思います。ある程度年齢がいった選手には、『今年ダメならハローワークだぞ!』といった容赦ないヤジが飛びますし、10年ほど前に起きた“裏金騒動”で多額の現金をもらっていたことが明るみに出た某投手は、ブルペンでそのことをヤジられて、試合中にファンと口喧嘩してましたね(笑)」(同)

 大観衆の前でスポットライトを浴びる1軍選手の陰には、こういった選手たちが存在するわけだが、スポーツ選手への取材も多い週刊誌記者は、六大学を出てプロ野球選手になったものの、選手生活の大半を2軍で終えた選手からこんな話を聞いたことがあるという。

「その選手は、『自分が選手として活躍できなかったのはしょうがない。自分の努力やセンスが足りなかったのだから。ただ、周りの選手と野球の話をできないのがつらかった』と言っていました。その選手が言うには、『2軍生活が長い選手から出てくる話題は、女、漫画、焼き肉、パチンコ、テレビ番組、車だけ。野球の話が出てこない』と言うんです」

 すべての名選手が24時間、野球のことを考えていたかといえばもちろんNOだろうが、これから上を目指す野球選手から野球の話題が一切出てこないというのは悲しすぎる話。プロ野球選手といえば、今でも子どもがなりたい職業の上位だが、一部にはプロに入れただけで満足してしまう者もいるようだ。


Source: 日刊サイゾー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です