ザ・グレート・サスケが芸能界、プロレス界をメッタ斬り! 元SMAP、小出恵介、須藤凛々花、濱松恵、大仁田厚……そして成宮寛貴氏

ザ・グレート・サスケが芸能界、プロレス界をメッタ斬り!元SMAP、小出恵介、須藤凛々花、成宮寛貴氏、濱松恵、大仁田厚……の画像1

 プロレス界きっての“芸能界通”として知られるザ・グレート・サスケ氏。今年2月に行ったインタビュー(記事参照)が大好評だったことを受け、大放談第2弾をお届けします。テーマは元SMAP、小出恵介、NMB48・須藤凛々花、成宮寛貴氏、濱松恵、大仁田厚などで、芸能界、プロレス界をメッタ斬りしてもらった。(取材・文=ミカエル・コバタ)

――元SMAPメンバーの中で、草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾の3人がジャニーズ事務所を退所することになりましたね……。

サスケ 中居(正広)さんがジャニーズを辞めないのが意外ですね。はたから見たら、中居さんが先頭切って辞めると思ってましたから。ただ、レギュラー番組を多数抱えてる中居さんだから、すぐには辞められないんじゃないかと思いますね。

――独立するメンバーはテレビへの出演は難しいという見方もあります。

サスケ そうですね。しがらみですね。ジャニーズ帝国がテレビ局を牛耳ってるわけですから。ただ、それは一時的なものじゃないでしょうか。永久に干されるというのはないでしょうね。ジャニーズのように見えて、実はジャニーズじゃないというイケメンの芸能人もたくさんいますからね。長期的に見れば、影響はないと思います。

――将来的に一時的なSMAPの再結成を期待されますか?

サスケ もちろん。そうです。もともとは6人だったんでしょうけど、5人そろってのSMAP復活もあるでしょうね。何十年先かわかりませんが、そういうときが来るんじゃないでしょうか。

――17歳少女との飲酒、淫行騒動で無期限活動停止となった小出恵介については、どう思われますか?

サスケ 第一印象は、そもそもロリコンなのかよ! って感じですね。17歳の女の子と深夜まで酒を飲んで、口説いてっていうこと自体が気持ち悪い。小出さんは33歳ですか? その年で、そういうことやって、「気持ち悪い」の一言に尽きます。昔だったら、男33歳なら、子どもがいて当たり前。30過ぎて、独身なんて言ったら、「おかしい」と言われたくらいです。33歳にもなって、17歳の女の子を口説こうとすること自体が気持ち悪い。でも、それも性癖ですから、性癖は責められないか……。

――写真週刊誌に記事が出たのは、少女サイドが持ち込んだからとも言われているようですが……。

サスケ 女の子側が「カネになるんじゃないか?」と思って、吹き込んだ人も周りにいたみたいだけど、そういうことを含めてね……。どっちからアプローチしたか根本的な部分はわからないんですけど……。17歳の女の子が、悪知恵を吹き込んでくる大人たちを含めて、そういうふうに立ち回るという異常性に寒気がします。マスコミに持ち込んだらいくらになるとか、示談金を小出さんと交渉しようとか、そういう立ち回りをする17歳に背筋が寒くなる思いですね、そんな世の中にしてしまった大人がいけない。

――関係者ではなく、一般の素人が、情報を売ったり、示談金交渉をしたりって、そういう発想をもつことがですか?

サスケ そうですね。

――時が経って、小出は復帰してもいいでしょうか?

サスケ もちろん、いいと思います。相手が未成年で少女だから重罪とは思いますけど、芸能人なんだから、女性と遊ぶのも芸の肥やしでしょうから。少女はダメですが、それくらいのことは大いにやるべきだと思います。そうやって演技の幅も広くなるんでしょうからね。

――6月17日に開催された「AKB総選挙」で、20位に入ったNMB48の須藤凛々花が「結婚します」と発言して波紋を呼んでいますが……。

サスケ 驚きましたね。しかも、翌日には胸に「くそったれ(DAMN)」と書かれたTシャツを着て出てきたんですよね? 絶対あのTシャツはなんらかのメッセージをもってますよ。でなければ、わざわざあんなTシャツを着て出てこないでしょうから。結婚宣言して、バッシングされて、それが「くそったれ」Tシャツなんでしょうかね? 彼女は20歳ですか。相手の男性はファンの人ですか?

――ファンではない一般男性のようです。その男性と交際しているという現場写真を撮られて、マスコミに出ることになったので、ああいう発言につながったのでは? という見方もされているようです。

サスケ そうなんですか。だったら、ちょっと見方が変わりますね。マスコミの動きがなければ、あの発言はなかったかもしれないんですね。

――そうだったかもしれないですね……。

サスケ 古くは、「アイドルは永遠に独身であってほしい。オナラやトイレもしないものだ」といった昭和の時代がありました。そういった時代から考えると、アイドルが結婚をサプライズで発表するなんて、時代は変わったな~と思いますね。いくら、報道の先手を打ったとしても……。でも、やっぱり女性って結婚なんだなと、改めて思いました。マスコミの動きがなかったとしても、須藤さんは公表したと思いますよ。遅かれ早かれ。私はある意味健全だと思います。「結婚します」「うれしい」「みんなに発表したい」……そういう女の子の気持ちが。バッシングする人はいるでしょうけど、私はほほ笑ましいと思います。でも所属事務所サイドとしては、大変迷惑な話ですね。

――AKBグループに限らず、アイドル全般……多くの芸能事務所が所属タレントには、一定年齢まで“恋愛禁止”を謳っていると思いますが、その点についてはどうですか?

ザ・グレート・サスケが芸能界、プロレス界をメッタ斬り!元SMAP、小出恵介、須藤凛々花、成宮寛貴氏、濱松恵、大仁田厚……の画像2

サスケ 夢を売る商売だから、プライベートは神秘的であるべき。アイドルなら恋愛御法度は当たり前。でも、その一方で、今回の一件は男性目線から見ると、「アイドルと結婚できるんだ」という思いを抱かせてくれましたね。

――サスケさんのみちのくプロレスに女子部はありませんけど、女子プロ界には、今でも「○○歳まで、恋愛禁止」とかあるんでしょうか?

サスケ 今はまったくないでしょうね。昔は全日本女子プロレスが、25歳定年制を敷いていて、それまでは恋愛も酒もタバコも禁止でした。ああいうシステムは見直すべきですね。大きく掲げる縛りごとは……。プロレス界はもちろん、芸能界でも。もっとも私がみちプロの社長時代は、35歳定年制にして、それまでは恋愛禁止にしようとか考えたこともありましたが。

――時代の流れで、恋愛禁止はいかがなものかという考えですか?

サスケ うーん。でも、基本的にはアイドルの恋愛禁止には賛成ですよ。やっぱり夢を売る商売ですから。

――昨今、仲間由紀恵の夫である田中哲司の件など、芸能界、アナウンサー界では、不倫がはやっていますが、それに関してどう思われますか?

サスケ 今こそ石田純一さんの言葉が光る時代になったんじゃないかと思います(笑)。「不倫は文化だ」って……。不倫は昔からあったんじゃないかと思いますけど、今は情報網の発達で、不倫現場が押さえられやすくなったんでしょうね。1億総芸能リポーターみたいな感じで。みんながカメラが付いているスマホを持っているし、みんなが情報を発信してるし、受信することもできる。なんか不倫がバッシングされる時代ですよね。テレビとかで、コメンテーターとかで出てる人たちは、もう不倫は重大犯罪だって勢いで言ってたりしますよね。そういう人たちには、「オマエ、どんだけ聖人君子な生き方してんだ?」って言いたいですね。時にはいいじゃないですか。違う女性とお酒を飲んだり、デートをしても。本当に私のような男にとっては、生きにくい時代になりましたね(笑)。

――人気商売で、トップレスラーのサスケさんも狙われる対象になりますもんね。今の週刊誌や写真誌のように、意図的にスキャンダルを狙っていくという風潮をどう思われますか?

サスケ これは永遠の戦いなんでしょうね。追うマスコミと、追われる有名人との。それを見たがる大衆側がいて、その関係性を否定するつもりはないですが……。おもしろいんでしょうね。他人の不幸は蜜の味ですから。

――網の目をかいくぐって遊ぶしかない?

サスケ そうですね。私みたいに堂々と遊べばいいんですよ。私なんか、逃げも隠れもできない顔(マスク姿)してるんで、この顔で堂々と遊んでますから(笑)。そんなこと言い切っていいのか不安になっちゃいましたけど(笑)。

――昨年12月、ご子息がハラスメントを受けたとして、大騒動になった成宮寛貴氏についてですが、何か新しい情報はありますか?

サスケ 帰国したという情報もあり、まだ帰ってきていないという情報もありますね。あれから、もう半年経ってますからね。ひそかに帰ってきてるんじゃないですかね? 最近は情報が入ってこなくなりましたね。3カ月くらい前までは、原宿にいたとか、渋谷にいたとかいう情報はありましたね。でも、それは事務所サイドがガセ情報を流したという説もありますね。都内にいると思わせといて、実はまだ海外にいると……。当時、そんなウワサは流れましたね。

――サスケさんとしては、当初の発言通り、成宮氏には復帰してほしい?

ザ・グレート・サスケが芸能界、プロレス界をメッタ斬り!元SMAP、小出恵介、須藤凛々花、成宮寛貴氏、濱松恵、大仁田厚……の画像3

サスケ そうですね。私は芸能界に戻るべき人間だと思います。スターなんですから。ファンもいっぱいいるわけだし。

――ゲイだとか、気にする必要はないと?

サスケ ゲイでもいいじゃないですか。むしろゲイの人たちの目標となる人物になればいいわけだし。ゲイの人たちに元気、勇気、夢を与える立場になるでしょうから。

――今年3月、サスケさんの同業者である女子プロレスラーのミス・モンゴルさんと事実婚状態である東京03の豊本明長さんが、濱松恵と浮気をしたとして、写真週刊誌にLINEが流出した問題がありました。これは、濱松の自作自演との説もありますが、どう思われましたか?

サスケ 豊本さんとは仕事で、ご一緒したりする仲ですから、記事が出てから、心配になって連絡もしました。自作自演なのか、本人が言うように相談した友人に裏切られて記事になったのかもしれない。それはなんとも言えません。ただ、根本的な問題は、本人が言ってる「恋愛体質」じゃないですかね。バッシングされてるけど、私は同情しますよ。34歳で、シングルマザーで、パニック障害だったりするようですから。頼れる男性がほしくて、寂しかったんじゃないでしょうかね。濱松さんのような女性はたくさんいると思いますよ。

――彼女は過去にも、既婚時代の狩野英孝や、川崎麻世とも浮き名を流していますが……。

サスケ 豊本さんのような頼れる男性を求めていたら、たまたまいつも相手は既婚者だったということなんじゃないですかね。私は、むしろかわいそうに思えます。私が独身でリッチマンなら面倒見てあげたいって思いますよ(笑)。

――モンゴルさんの心労も大変なものだったようですが……。

サスケ でもモンゴルさんは立派ですよ。達観してるし、肝が据わってます。芸人にとって、「女遊びは芸の肥やし」とか言いますけど、サバサバしたもんです。芸人と婚約した時点で、こういうことも想定内の出来事だったんじゃないですかね? この2人は、きっと幸せになると思いますよ。

――濱松は、子役時代にNHK大河ドラマにも出演したりしてましたが、現在は仕事がうまくいっていないため、こういったことにつながってしまうのでしょうか?

サスケ こういうことは、自分の首を絞める行為でもありますよね。仕事がうまくいってなければ、私生活もなかなかうまくいかない。早くいい人を見つけて、幸せになってほしいですね。私は最近、お見合いの世話役をやったりするんですが、お金持ちのいい男性を紹介してあげたいくらいですよ(笑)。

――それでは、話は変わりまして、本業のプロレスのことをお伺いしたいと思います。今のプロレス界は新日本プロレスの独走状態で、全体的に見れば、決して健全ではないと思いますが……。

サスケ 私は逆に、新日本さんの一強状態でいいと思いますね、業界のパワーバランスとしては現状でいいと思います。世間的に見れば、「プロレスって何?」と言えば、新日本さんでしょう。あとは「その他」。決してメジャーではない我々も含めて、いろいろな団体が新日本のほかにあるというのがいいと思う。最近ではローカルプロレス団体が多く、全国のあらゆる地域に点在していますよね。以前はメジャーかインディーというくくりで言ってましたが、これからは新日本かローカルプロレスという比べ方になるんじゃないでしょうか。

――新日本の独走や、団体分裂の影響もあるでしょうが、メジャーと呼ばれた全日本プロレスやプロレスリング・ノアが、新日本とはかなり水を開けられてしまいました。この2団体にも、もうちょっとがんばってほしいと思うのですが……。

サスケ うーん。もうがんばらなくてもいいと思うんです(笑)。全日本もノアも、どこかのローカル色を出せばいい。全日本なんて、ケーブルテレビ山形が出資者に付いたんなら、「山形・全日本プロレス」でいいじゃないですか。ノアもどこかに拠点を移して、「○○ノア・プロレス」とか、ローカル色を打ち出すしかない。私は何十年も前から言ってますけど、これからはローカルプロレスの時代ですよ。同時にインターネット社会ですから、どこに行っても情報は発信できる。ちょっとプロレス業界が方法論を考えないとダメ。ネット時代に則したやり方を考えないと。

――みちプロは別として、メジャー、インディーのカテゴリーに分けると、インディーに分類されるDDTや大日本プロレスなんかががんばってますね。

サスケ そうですね。がんばってて、すごいと思いますね、全国を巡業で回ってるんですから。

――DDTはエンターテインメント色が強い団体ですが、それもひとつの方法論ですかね?

サスケ それもアリだと思いますよ。それでちゃんと結果を出して成功してるんですから。つまり、そういったニーズがあるということです。

――みちプロは来年3月で旗揚げ25周年になります。まさに地域密着プロレス団体の先駆けです。25周年を迎えるにあたって、盛岡、岩手、東北をベースにして、東京などに出稼ぎに行くというスタンスに変わりはないですか?

ザ・グレート・サスケが芸能界、プロレス界をメッタ斬り!元SMAP、小出恵介、須藤凛々花、成宮寛貴氏、濱松恵、大仁田厚……の画像4

サスケ ないでしょうね。私はもう団体の中身にはタッチしてないんですが、現在の経営陣も、そこは引き継いでやっていくでしょうね。それこそが、プロレス業界における差別化であり、存在意義だと思います。

――設立当初は、盛岡に拠点を置いて、東北以外には基本的に出て行かない。「みちプロが見たければ、東北に見に来てください!」というスタンスでした。それでは、存続は難しいのではないかといった意見も多かった。しかし、後発のローカルプロレス団体もありましたが、25年も存続できたのは、やはりサスケさんの経営手腕が大きかったのでは?

サスケ いやいや、そんなことはないですよ。我々がラッキーだったのは、東北という土地だったからですね。これが北海道や沖縄では、難しかったと思います。東北は、東京から近くもなく、だからと言って遠すぎず。その距離感がちょうどよかったんでしょうね。

――2011年3月11日の東日本大震災の際は、道場も被害を受けたでしょうし、興行も打ちづらくなった。みちプロが受けた被害は小さくなかったと思いますが……。

サスケ 当時もう私は経営から離れていましたので、詳細な内情は把握していないんですが、相当大変だったようです。ザックリ計算すると、2,000万円ぐらいの損害があったようです。震災の後のゴールデンウイークとか夏に、大きな被害を受けた沿岸地区での興行を予定していましたが、すべてできなくなりました。震災直後に、毎年恒例の出稼ぎシリーズがあって、九州に行ったんですけど、たくさんの義援金をいただいたのが印象に残ってます。すごく感動しましたね。義援金は宮城県と岩手県に寄付させてもらいました。

――ところで、サスケさんと何かと縁がある大仁田厚さんが、いよいよ10月31日で引退します。かねて、サスケさんは「もう1度、大仁田さんと過去最大規模の電流爆破デスマッチをやりたい」と発言されていましたが、その気持ちに変わりはないですか?

サスケ 変わらないですよ!

――残された期間はあと4カ月。リミットが迫っていますが、気持ちを伝えるようなことはされたんですか?

サスケ 大仁田さんとは芸能の所属事務所(アルファ・ジャパンプロモーション)が同じですから、事務所を通じて、伝えてはいるのですが……進展はないですね。アクションをどう起こすか、自分の頭の中で描けていないですね。もう日程的は、かなり試合も決まっているでしょうからね。だったら、引退までにできないなら、逆に「次の大仁田さんの復帰戦の相手はオレだぞ!」と名乗りを挙げたいですね(笑)。復帰戦で史上最大規模の電流爆破をやりたいですね。

――大仁田さんも「今回は本当に引退」と言っていますから、難しいとは思いますが……。仮に、大仁田さんとの電流爆破が、もう1度実現したら、やはり岩手での開催にこだわりますか?

サスケ ハイ。ただ、その一方で、1994年、2003年にやった電流爆破は2回とも岩手でしたから、岩手でやりすぎた感もありますし、そこまでこだわってないですね。だったら仙台でもいいですし……。東北にはこだわりたいと思います。

●ザ・グレート・サスケ
1969年7月18日生まれ、岩手県盛岡市出身。高校卒業後、プロレスラーを目指して上京し、90年3月1日、後楽園ホールでのユニバーサル・プロレス旗揚げ戦でデビュー(当時は素顔)。メキシコでの修行を経てマスクマンとなり、92年8月より現在のリングネームを名乗る。同10月に独立し、みちのくプロレスを設立。以後、同団体のエースとして君臨し、“東北の英雄”と呼ばれる。また、団体枠にとらわれず、日本プロレス界の“ジュニアの雄”として活躍。2003年3月には、岩手県議会議員選挙の盛岡選挙区に出馬しトップ当選を果たす。現在はみちプロ経営の第一線から退き、会長職を務める。獲得タイトルはジュニア8冠王座、IWGPジュニア・ヘビー級、IWGPジュニアタッグ、東北ジュニア・ヘビー級、東北タッグ、UWA世界ウエルター級、インディペンデント・ワールド世界ジュニア・ヘビー級など

●ザ・グレート・サスケ公式ブログ
http://ameblo.jp/thegreatsasuke/

★みちのくプロレス試合日程
http://www.michipro.jp/schedule/index.html

●取材協力
広島お好み焼き・鉄板焼き「おっこん」
東京都文京区後楽1-1-15-B1
[営業時間] 月曜~土曜/17:00~2:00
日曜・祝日/17:00~0:00
材料がなくなり次第終了
(予告無く変更する場合がございます)
TEL:03-3814-4432
http://okkon.yokochou.com


Source: 日刊サイゾー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です