大人気ユーチューバーのジョーが総合格闘技へ! 亀田興毅戦、プロテスト挑戦に続き『THE OUTSIDER』参戦

大人気ユーチューバーのジョーが総合格闘技へ! 亀田興毅戦、プロテスト挑戦に続き『THE OUTSIDER』参戦の画像1
前田氏の激しい言葉に少々腰が引け気味だったジョー。ジョーを『THE OUTSIDER』に誘ったのは、かつて同リングで活躍していたユウタ(写真中央)。彼も『亀田に勝ったら1000万円』の挑戦者だった。

 AbemaTVの特別企画『亀田興毅に勝ったら1000万円』に登場して話題になり、現在70万人以上のチャンネル登録者数を誇る人気ユーチューバー「ジョー」が、今度は総合格闘技に挑戦だ。

 リングス・前田日明代表が主催する、競技を通じて不良たちを更生させ、現代版「あしたのジョー」を送り出すためのアマチュア格闘技イベント『THE OUTSIDER(ジ・アウトサイダー)』への参戦を表明したのである。

 7月24日、都内にあるリングスの事務所。THE OUTSIDERを運営する前田のもとへ、ジョーは参戦表明をすべく姿を現した。「恐れを知らない破天荒男」との異名を持つジョーだが、その顔には隠しきれない緊張が見える。“格闘王”前田日明を前にし、完全に萎縮している様子だった。

 現在、亀田興毅のバックアップを受けつつ、わずか3カ月でボクシングのプロテストに合格するという目標を掲げて注目を集めているジョーだが、テスト前に『THE OUTSIDER』へ出場することが大きな経験になることは間違いない。“度胸試し”という面でも、これ以上の舞台はないだろう。

 また、“腕試し”という面でも、意味のあるものになるはずだ。ジョーは、過去にボクシング経験はあるために完全な素人ではない。今回の『THE OUTSIDER』のリングでも、相応の戦いが期待できるのではないか。

 しかし、そのジョーの挑戦を聞いた前田は「OUTSIDERはパンチだけじゃないよ。蹴りもあるし、投げもあるし、関節あるし、絞められて落とされることもある」と、総合格闘技の厳しさを淡々と、そして野太い声で語るのだった。

 その言葉に一瞬ひるんだジョーだが、即座に「大丈夫です」と返答する。しかし、さらに前田は過去にあった事例を用いて格闘技の危険さを続けて説明。「命を落とす可能性があること」を、真剣な眼差しで伝えていた。その眼光は「お前にその覚悟があるのか?」と問いただしていることに他ならない。

 前田の言葉を聞いても、ジョーの決意が変わることはなかった。準備を万全に行ったうえで、試合に臨むことを誓ったのだ。

大人気ユーチューバーのジョーが総合格闘技へ! 亀田興毅戦、プロテスト挑戦に続き『THE OUTSIDER』参戦の画像2
最後は、気合みなぎるファイティングポーズ。どんな戦いを見せるのか?

■準備期間はわずか6日!

 しかし次の瞬間、状況は一変することになる。

「7月30日だから、あと6日しかないけど大丈夫か?」

 前田の言葉に、室内が笑いに満たされる。「え? これ今日初めて知ったんですけど……30って、あと6日後ですよね?」と、うろたえるジョー。彼は試合の日時を知らされていなかったようだ。

 プロに比べれば安全性が保たれている部分はあるが、腕自慢の喧嘩屋など“ヤンチャ”なメンバーが集まる『THE OUTSIDER』。隠れてエグい攻撃をする者や、デビュー戦から突出した“化け物”もいると前田は語った。さらに使用する薄いグローブは、ボクシングとは異なる危険性を秘めていることも強調される。

 なんの準備もなしに上がれる甘いリングではない。しかし『THE OUTSIDER』に出場すれば、プロテストに対する緊張や不安など微塵もなくなることだろう。自信もつくはずだ。場の雰囲気は“その方向”へ向かっている。すべてを悟ったジョーは「これ出るしかないやつや!」と、絶叫とも悲鳴とも取れる声を張り上げるのだった。

 結果としてジョーは「クレイジーチャレンジャーという肩書でやらせてもらってるんで!」と出場の決意を固める。そんなジョーに対し、前田はいきなり強烈なボディーブローをお見舞い。激励の意味もあるのだろう。悶絶するジョーに対し「もうちょっと鍛えなあかんな」とアドバイスを送った。

 その後も前田の、先ほどより“どぎつい”3発のボディーブローと、力強いビンタが炸裂。さすがのジョーもフラフラだったが、気合いは注入されたのだろう。「何でも来いっ! やるぞっ!!」と、アピールするのだった。

 さらに前田の口から「OUTSIDERの会場には超絶ベッピンがいっぱいいる」という、ジョーのやる気を高める言葉が飛び出す。勝てばモテる……。「これやるしかないっすね! がんばります!!」。ジョーの気合が、最高潮にまで達したことは間違いなさそうだった。

 ジョーの対戦相手は、両肩にどっしりとした入れ墨が入る、鹿児島の猛者・森田興希選手。総合格闘技経験は3年を超えるという。

 初めての総合格闘技、圧倒的に足りない練習時間。この挑戦は不安要素だらけといえる。しかし「それらを吹き飛ばすのではないか」と感じさせる魅力を、このジョーという男は持っている。元世界チャンピオン亀田興毅と死闘を繰り広げた「破天荒男」が、どのような戦いを見せてくれるかに注目だ。

 他にも腕に覚えのある猛者たちが集結する『THE OUTSIDER 第47戦』は、7月30日ディファ有明で開催。今回は、インターネット生中継も予定されている。他では味わえない衝撃・感動を味わわせてくれる開催になりそうだ。
(文=編集部)

『THE OUTSIDER 第47戦』
7月30日、東京・ディファ有明で開催
14時開場、15時開始予定

チケット情報
http://www.rings.co.jp/archives/23593

インターネット中継
http://live.nicovideo.jp/watch/lv303439155


Source: 日刊サイゾー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です