“略奪不倫”今井絵理子に自民ベテラン議員が激怒「タニマチと政略結婚させたかったのに!」

略奪不倫今井絵理子に自民ベテラン議員が激怒「タニマチと政略結婚させたかったのに!」の画像1
今井絵理子オフィシャルサイトより

 仕事そっちのけの不倫スキャンダルで国民を呆れさせた元SPEEDの今井絵理子参院議員には、彼女を高く評価していた自民党のベテラン議員Aが、強い不快感を示したという話だ。それは単に不倫ゴシップによる党へのイメージダウンだけが理由ではないと、党関係者が明かす。

「実はAさんは、自分の秘書を務めていたことがある支援企業の御曹司と今井を引き合わせたかったんですよ。この御曹司は40代のバツイチなんですが、SPEED時代からの今井ファン。父親が老舗企業の3代目で、Aさんにとっては心強いタニマチみたいなもの。今井と“政略結婚”させれば、なお絆が深まるという狙いがあったんです」

 今井が少し前に半同棲していた恋人と破局したことで、どうやらA議員は、この機を逃すまいと狙っていたようだ。

「その御曹司の周辺に、Aさんは『彼女は今、恋人はいない』なんて話してしまっていたそうです。そうなると今回のスキャンダルは面目丸つぶれでもありますよね」(同)

「週刊新潮」(新潮社)がスッパ抜いたのは、自民党の神戸市議・橋本健とのホテル宿泊で、橋本には別居中ながら妻と2人の子どもがおり、れっきとした不倫スキャンダル。報道後、今井は「好意はあるけど一線は超えていない」、橋本議員は「交際を申し込んだが不貞行為はなかった」と、それぞれ苦しい弁解をしたが、2人は新幹線の車内でも手を握り合っていたというから、男女関係にあるのは明らかだ。

 当然、自民党の有力議員Aにも、これらの釈明は通用しないだろう。自民党市議団もその点を察したか、当人の謝罪よりも早く、2人が対談した市政報告書の制作費約30万円を不正扱いで返還する手続きを取った。

「政務活動費を選挙活動に使用することが禁止になっているんですが、この対談は、選挙の応援という内容ではないんです。でも、市議団としては橋本の不祥事に対するスタンスをいち早く表明するために行動に出たんですよ。Aさんを敵にしたら厄介ですから」(同)

 ある神戸市議の秘書によると「橋本議員は議員活動の傍ら歯科医院を経営する若きホープで、将来は県議や国会議員に推される出世コースが待っていた」というが、それもおじゃんだろう。

 何しろA議員は、近く行われる予定の内閣改造で、当初は今井になんらかのポストを持たせようと動いていたというから、二重に恥をかかされた形。その怒りの矛先が、橋本市議に向いてもおかしくはないのだ。

 今井は今井で、大きく信頼を失った。これまで障害を持つ息子を育てていることばかりをアピールしてきたが、今回の騒動で実際には息子を母親に預け、自身は都内の高級マンションでひとり暮らしをしていることも伝えられてしまったからだ。

 その持ち前の熱意が不倫に向いていたとあっては、もはや何を言っても信用されないだろう。浅はかなロマンスひとつで共倒れしそうな両議員、失うものが大きいのはどちらだろうか。
(文=片岡亮/NEWSIDER)


Source: 日刊サイゾー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です