日テレ『ウチの夫は仕事ができない』で錦戸亮が覚醒も、自己最低7.8%……最終回を大胆予想!

日テレ『ウチの夫は仕事ができない』で錦戸亮が覚醒も、自己最低7.8%……最終回を大胆予想!の画像1

 関ジャニ∞・錦戸亮主演のお仕事ホームドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)。『24時間テレビ』の影響で2週ぶりの放送となった第8話の平均視聴率は、自己最低となる7.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

 思わず「クソ脚本め!」と叫んでしまった回もあったものの、全体的にはほんわかステキムードが漂っている同作。あらすじを振り返ります。

最初から仕事できたけど……

 これまで小さいイベントばかり担当してきた司(錦戸)ですが、実績が認められ、土方チームリーダー(佐藤隆太)から重要な仕事を任されることに。その仕事とは、大口クライアント「轟リゾート」の轟夢子会長(84歳)ひとりを喜ばせるためのパーティーの企画・設営。毎年行われており、会長の満足度が来年の契約内容に関わってくるそうです。

 翌日、あいさつに行くと、会長が車椅子に乗って登場。「やりたいことはやりつくした。そんな私を、あなたは満足させるのです」「去年の企画はギリギリだったわ」と高圧的です。

 後日、司は小学校の同窓会に出席。一番仲の良かった高杉(和田正人)は、映像技術を提供する会社の社長になって大金持ちに。なにやら、プロジェクションマッピングを初めて日本に導入した人物なんだそうです。

 その後、とりあえず会長の故郷である埼玉県の守沢村を訪れてみる司。しかし、村はダムの底に沈んでおり、なくなっていました。そこで、残っている川や森、資料館にあった会長の家族写真などをカメラで記録。足が不自由で、この風景を見に来ることができない会長のために、写真展を開くことを思いつきます。

 さらに、写真展の相談のため高杉の元を訪れると、高杉は3Dホログラムの最新技術を使うことを提案。デモンストレーションとして、何もない空間に2人が通っていた小学校を再現して見せます。また、高杉がここまで協力的なのは、小5のときに、司からひまわりの写真を褒められたことで「自信がついて、だから今の俺がいる」と恩を感じているからだそうです。

 パーティー当日、会長の前でかつての守沢村を再現。さらに、現地で分けてもらったスイカを用意すると、少女時代に戻ってスイカを頬張る会長。「おいしい……このスイカ、昔と同じ味だわ」と会長を感激させることに成功し、司に拍手喝采が浴びせられます。

 この成功により、司は500人の社員の中からたった1人に送られる社長賞に選ばれ、社内でちやほやされる存在に。家では、沙也加(松岡茉優)が社長賞のお祝いのため、司が好きなキノコ料理を作って待っていますが、司は沙也加に連絡もせず、擦り寄ってきた社員たちと食事に行ってしまいました。

 で、沙也加の「ウチの夫は、仕事ができる人になった」「なんかなんか、なんか違う」との心の声が流れ、第8話は終了です。

最終回を勝手に予想

 普通にいい話! 会長が3Dホログラムで再現された家族と一緒にスイカを食べるシーンでは、思わず目頭が熱くなってしまいました。ありがとう。

 そして感動と同時に、「『ウチの夫は仕事ができない』なんてタイトルにしないで、最初から地味な社員の痛快サクセスストーリーにしとけばよかったんだよ!」……と、すごく思ってしまった今回でした、はい。

 今回、高杉に「人ってさあ、認められたり、求められたり、賛美の声を浴びたり、それってやっぱり快感なんだよ……。ここからだよ、お前の新しいスタートは」と言われ、覚醒してしまった司ですが、姿勢や歩き方、表情まで一変。そんな錦戸の細やかな演技に、ハッとさせられました。来年公開される主演映画『羊の木』では、「ごく普通の市役所職員」を演じるといいますから、今から楽しみです。

 で、次回は、仕事人間になってしまった司が、沙也加をないがしろにして悲しませる展開のようです。ということは、最終回は「仕事ができなくてもいい!」と元の司に戻り、会社を辞め、子どもが生まれ、キノコの研究員にでもなる展開でしょうか? 今回の話がよかっただけに、最終回が俄然、楽しみになってきました!
(文=どらまっ子TAMOちゃん)


Source: 日刊サイゾー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です