飯尾和樹が一般女性から引き出したトイレ情報に驚愕! テレビ東京は特番『トイレ観光』で“究極”に行き着いた

飯尾和樹が一般女性から引き出したトイレ情報に驚愕! テレビ東京は特番『トイレ観光』で究極に行き着いたの画像1
テレビ愛知『トイレ観光』番組サイトより

 テレビ東京は、ある意味ガラパゴス化している。他のキー局と比べて人員と制作費で劣るため、オリジナリティに走らざるを得ない。だからこそ、企画力が磨かれていく。伊集院光は同局が制作する番組について「評判が上がるとヨソの局によくパクられる」と評していたが、それは道なき道を行く先駆者に対する最大級の賛辞だ。

 9月までテレ東で放送されていた『液体グルメバラエティー たれ』は、タレにフォーカスしたニッチな着眼点が評判を呼んだ。

 そして、行き着くところへ行き着いた感がある。10月2日深夜と9日深夜に同局で放送された特番『トイレ観光』(制作はテレ東系列のテレビ愛知)が、究極だったのだ。

 コンセプトに関しては、タイトルがそのまま説明しているだろう。番組ホームページを見ると、このように書いてあった。

「ニッポン各地の“神トイレ”を巡る! 前代未聞のトイレ番組」

 まさに、前代未聞。“神トイレ”があると評判を聞くや、実際にレポーターがそこへ訪れ、用を足すという内容である。

 例えば、兵庫県明石市の海岸沿いで営業するカフェのトイレが凄いと知るや、おまるを背負ったリポーターが実際に訪問している。まずは、トイレをするためにお店で腹ごしらえをするリポーター。食事をしていい感じになると、いよいよトイレをお借りすることに。実は、このお店のトイレは海の中の水槽にあるらしい。周囲がガラス張りになっており、眼前で泳ぐ魚たちにジロジロ見られながら用を足せるというスペシャルな状況だ。

 もちろん、本当にトイレしちゃう。カメラが捉えるのは、用を足している最中のリポーターの顔。恍惚としたり、眉間にしわを寄せたり、生々しい表情からは至福の感情がありありと伝わってきた。間違いなく、本当にしている。しかも、この瞬間を番組では「テイスティング」と名付けている。

 いやはや、このレポーターの表情はどうだろう。いくらなんでも、ポーカーフェイスじゃなさ過ぎる。「表情に出ちゃう」とは、このことか。“神トイレ”の満足度を表情で伝えようとしたら、実はテレビ的にギリギリだった。


■飯尾和樹、一般女性のトイレ内での振る舞いを見事に聞き出す

 この番組の最大の見ものは「飯尾和樹が、女性のお宅で用を足す」なるコーナーだ。

 街の往来で、いきなり「すごく今、トイレがしたい!」とお腹をさすりながら登場した飯尾和樹。彼は、道行く女性へ手当たり次第に「トイレ貸してくれませんか?」と声をかけまくるのだ。

 しかし、なかなか上手くいかない。苦笑まじりに「すみません」と断られたり、相手の女性が遠方に住んでいたり……。今にも、飯尾は漏れそうになる。

 そんな中、稀に自宅のトイレを貸してくれる女性(恐らく仕込み)がいるから驚き。9日放送回に出演した名古屋在住の女性のトイレは、まるで“愛のミュージアム”であった。ご主人にプロポーズされた際の動画を視聴できるiPadが立てかけられていたり、旅行時の夫婦写真が掲示されていたり、賛美歌の歌詞が貼られていたり……。

 なぜ、トイレをこんな風に彩っているのだろう? その理由は「リビングだと、ただの景色になってしまうけど、トイレだと無心なので心に入ってくるから」とのことだ。

 2日放送回でトイレを貸してくれた女性は、飯尾からの矢継ぎ早の質問に素直にリアクションしてしまっている。「トイレは1日平均どれくらいしますか?」というクエスチョンには「小も大も合わせると10以上はいきます。大は5回以上……。お通じが良くて(笑)」と、必要以上に告白するサービス精神がうれしい。飯尾がトイレットペーパーの紙質を褒めると「結構、回数が多いんで」と、またしてもお通じの良さを強調し始めるし。

 さらに、飯尾に「普段はどうしてるの?」と問われた女性は、トイレ内でのいつもの様子を再現してくれる。大量のトイレットペーパーを手に取り「拭いて、折り返して、拭いて、折り返して、拭いて……。1回を結構再利用する(笑)」と、赤面しながら告白するその女性。

『家、ついて行ってイイですか?』や『Youは何しに日本へ?』など、一般人の素性に迫る番組づくりが得意なテレビ東京だが、その矛先がいよいよ今度は「トイレ」へと向かってしまった。

 確かに、隣人がトイレでどのように振る舞っているかは知る由もなかった情報だ。ある意味、究極の秘境。そういう意味でも、『トイレ観光』という番組名は言い得て妙だ。
(文=寺西ジャジューカ)


Source: 日刊サイゾー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です