必死に立ち回る神木隆之介を愛でたい! イジリ倒したい!『刑事ゆがみ』の楽しみ方

 26日に放送されたドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系) 第3話の視聴率は6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、 前回より0.2ポイントだけ回復。低空飛行が続きますが、 今回も内容的には悪くないです。全然悪くない。 事件の謎解きで得られるカタルシス的にはちょっと微妙ですが、 全体としては面白かったです。はい。

前回までのレビューはこちらから

 というわけで、悪くない謎解きなので、 今回も詳細は書かないでおきます。例によって、 興味があればFODで無料で見られますし。

 前回のレビュー(記事参照) では、神木隆之介演じる新米刑事・ 羽生くんのキャラクター造形についてお話ししました。 主人公の弓神(浅野忠信)は、ある意味で“型破り” という型通りに、典型的な“型破り刑事”として描かれています。 一方、バディである羽生くんの設定は、捜査能力・捜査哲学・ 職業倫理に関しては弓神と対照的でありながら、 弓神以上に多くの個人的な情報が与えられています。 これによって、 視聴者は羽生くんに感情移入しやすくなっているし、 羽生くんこそ愛すべきキャラとして立ち上がっているという話でし た。

 

■主人公は弓神ではなく、羽生くんでした。

 

 今回まで見てきて、 ドラマが羽生くんの内面描写や背景設定の構築に手間を惜しまなか った理由がわかってきました。この『刑事ゆがみ』 というドラマは、 実は羽生くんを主人公に設定しているのではないか、 ということです。

 今回の第3話までの事件の発生と解決において、 心を揺さぶられたのは、いつも羽生くんでした。 1話では偶然出会った初恋の相手、2話では偶然出会った同じ“ 女教師フェチ”という趣味を持つ下着泥棒、 そして第3話では交番勤務時代にお世話になった上司。 いずれの事件でも、 そのキーパーソンは羽生くんの心の機微に触れてきます。 逆にいえば、弓神はどの事件に対しても冷静で、 判断力を失うことがありません。

 つまり、 視聴者が羽生くんにがっつり感情移入できるようなキャラクター描 写を施した上で、その羽生くんの心情を揺さぶる事件を起こす、 というパターンを敷いているように見えるんです。 原作では金魚のフンでしかなかった羽生という人物を主人公に仕立 て上げているわけですから、 これはなかなか大きな原作改変ですし、 今のところ実に成功していると感じます。

 成功の理由は、 やはり神木隆之介という俳優さんの力によるところでしょう。 これは、制作側の中に「 神木さんにこういうシチュエーションを与えればいい顔をする」「 こんな試練を与えればこう跳ね返してくる」 という絶対的な信頼感があるからこその作劇です。しかも、 手練れの浅野忠信を向こうに回して、という配置ですから「 あの神木きゅんも立派になったなぁ」 と感慨にふけってしまいます。

 スタッフの神木さんに対する信頼と、 神木さんの信頼に応える芝居。この2つの相乗効果により、 羽生くんに感情移入した視聴者は羽生くんと一緒に泣いたり怒った りしながら楽しめますし、仮に彼本人に感情移入できなくとも、 弓神がわかりやすいキャラなので、 弓神の側から必死に立ち回る羽生くんをイジっている( 愛でている)ような感覚を味わうことができる構図になっている。 わりと全年齢的に見やすい作品だと思うんですよ。 視聴率の話はとりあえず横に置いとくとして。

■「容疑者はウソをつく」を引き受けている脚本

 

 もうひとつ、 このドラマがよく頑張っているなぁと思うところがあります。

 刑事ドラマにおいて、 容疑者がウソをつくことは珍しいことではありません。むしろ、 罪状を否認してくれなければ話が進まないともいえるので、 おおむね、どんなドラマのどんな容疑者もウソをついています。

 容疑者がウソをつく生き物である限り、 視聴者はその言葉のすべてを疑ってかかることになります。 だからドラマは、彼らが「ウソをついていない」ときには「 ウソをついていませんよ」と明確に主張する必要が出てきます。

 例えば取り調べにおいて、刑事が母親のエピソードを聞かせる。 容疑者は涙ながらに罪を自白する。よくあるパターンです。

 このドラマでも、 羽生くんが頑張って取り調べをするシーンが頻繁に出てきます。 あえて古典的に、『太陽にほえろ!』みたいに、 机を叩いたり恫喝したりする羽生くんが演出されますが、 決して自白を引き出すことができません。 なぜなら羽生くんの取り調べは、常に的外れで、 真相ではないからです。

『刑事ゆがみ』は、 こうしたシーンで容疑者に必要以上に否認させません。 容疑者はウソをつく生き物であり、 その言葉は常に視聴者に疑われるということを引き受けているので す。

 では、どうしているか。言葉ではなく、行動によって「 明確な否認」を描いています。行動はウソをつかないからです。

 例えば第2話。斎藤工演じる下着泥棒は、泥棒に入った家で、 寝ていた女性に暴行を働いたという容疑がかけられていました。

「俺は下着にしか興味がないからレイプはしない」

 結果的に、真相はそういうことなのですが、 これを言葉で言われても説得力は皆無です。しかし、彼が「 女性が在宅中で、寝ているときにしか盗みに入らなかった」 という過去の行動が示されることで、「 今回も寝ている女性をレイプしなかった」 という主張が補強されることになるのです。

 今回も、取り調べのシーンがありました。容疑者は、 恩義のある警官を殴り倒した罪に問われています。 粗暴で短気な容疑者の自宅の冷蔵庫には、「 辛い時こそ拳をひらけ」と書かれた紙が丁重に貼られていました。 それは、警官がかつて、容疑者のために書いたものでした。

 取り調べで容疑者は「向こうが先に襲ってきた」 と正当防衛を主張しますが、 やはり言葉だけでは説得力がありません。しかし、 この取り調べの際に彼が、 固く握った拳を震えながら開くシーンを繰り返し描くことで、「 彼から襲ったのではない(彼は警官の教えを守っている)」 という真相が、説得力を持って浮かび上がるのです。

 こうした、 プロットからシナリオを立ち上げる際の具体的なエピソードの作り 込みが、実に丁寧に行われているのも、『刑事ゆがみ』 の特徴だと思います。複数の脚本家を使っていますが、 かなり強いディレクションというか、 統率が入っているという印象です。 クオリティコントロールが行き届いているし、 時間をかけて脚本を練っていることがよくわかります。要するに、 マジメに頑張って作っているドラマだということです。 マジメに頑張って作っているドラマに対しては、 やっぱりマジメに頑張って応援したいと思うのです。

 今後も、羽生の心を揺らす事件を起こして、 弓神が真相を解明する。その捜査の過程において、 弓神が羽生に気付きを与え、羽生が成長していく。 そういうパターンを守りながら回を重ねて行けば、 大きく崩れることはないと思います。

 

■ところで、低視聴率について

 

 それにしても、先日「面白いのに数字低いねー」 と隣のデスクの人と話していたのですが、「もしかして、『 浅野忠信って誰?』って状態なんじゃないの?」と言われて、 目からウロコでした。確かに、センセーショナルだった『 鮫肌男と桃尻女』から、もう20年近く。 当時のサブカルキッズもおじさんおばさんですし、 言葉は悪いけど、最近の浅野さんが「ドラマに降りてきた」 みたいな感覚で楽しんで見てる人って、 あんまりいないのかもしれません。

 まあ、浅野さん本人は楽しそうですし、私も楽しいので、 別にいいですけど。
(文=どらまっ子AKIちゃん)


Source: 日刊サイゾー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です