日本も韓国もボロボロ……アジア枠拡大による“サッカーW杯興ざめ”リスクが現実味

 国際サッカー連盟(FIFA)は今年5月、 2026年FIFAワールドカップにおける出場枠を「32」 から「48」に拡大することを決めた。アジア枠は現行の「4. 5」から「8」に増加する。 日本の立場からすればワールドカップ出場の可能性が高まる良いニ ュースだといえるが、その一方でヨーロッパは「13」→「16」 、南米は「4.5」→「6」と微増にとどまり、 相対的に出場枠は狭まることになった。それだけに、 この決定についてサッカーファンの間では、 大会のレベル低下を招くとの懸念が多い。

 実際、その不安は現実味を帯びてきている。

 日本代表は、10月10日のハイチ戦で大苦戦を強いられた。 ギリギリで3-3のドローに持ち込んだものの、 2点を先制しながら逆転を許した試合結果については、 ハリルホジッチ監督も「私が率いてきた日本代表の中で、 最もひどい試合」「恥をさらしてしまった」と嘆いていた。

 お隣・韓国も低迷が止まらない。 ロシアワールドカップ最終予選では7年ぶりに中国に敗れるなど、 あわや予選敗退の危機に陥っていた。 なんとかワールドカップ出場こそ決めたものの、 10月7日と10日にロシア、モロッコと戦った親善試合では2- 4、1-3で敗北。合計7失点の連敗を喫したシン・ テヨン監督が帰国した際には、 仁川空港にサッカーファンらが押しかけ、「 韓国サッカーは死亡した」 と書かれた横断幕を掲げるなどして抗議デモも行われていた。

 それだけに韓国では、「日本と韓国が“アジアの盟主” として君臨する時代は終わった」と報じるメディアも少なくない。

 このようにアジア勢の不振が続く一方で、 過去2回のワールドカップで決勝と準決勝に進出したオランダと、 南米王者のチリは、ロシア行きを逃している。 こうした状況を見るに、 アジア枠拡大によってワールドカップの質が下がることは免れない ように思える。

 しかし、FIFAは、こうした状況を予見していたはずだ。事実、 14年のブラジルワールドカップで、 アジア勢は1勝も挙げられていない。 それでもFIFAが出場枠拡大に踏み切った裏には、 金と政治が絡んでいるように見える。何しろ、FIFAによれば、 拡大に伴う放映権料の増加などによって、6億4,000万ドル( 約730億円)の収益増が見込めるのだという。

 15年の汚職スキャンダル以降、2年連続で赤字を計上しており、 16年の損失額が3億6,900万ドル(約420億円) にも上ったFIFAが、利益確保に走るのも無理はないだろう。

 また、FIFAに加盟する211協会のうち、約64% に当たる135の協会はワールドカップ出場経験がない。 インファンティーノ会長は「 ワールドカップ出場のチャンスが増え、 より多くの国が出場を夢見ることができる」と語っているが、 その裏には、自身の影響力を強める狙いもあるのだろう。 ヨーロッパのクラブが加盟する欧州クラブ協会(ECA) 関係者も「この決断は、 スポーツ的な理由よりも政治的な理由で下されたと理解している」 と批判する。

 出場枠拡大によって、 アジア勢がワールドカップで恥をかかなければいいが、果たして… …。
(文=S-KOREA)

●参考記事
・不振の韓国サッカー界で“ヒディンク再就任” 騒動が国政監査にまで発展!? 炎上の背景とは
http://s-korea.jp/archives/22439
・日本はもはや韓国サッカーをライバルとは思わない【 スポーツソウル・コラム】
http://s-korea.jp/archives/21830?zo


Source: 日刊サイゾー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です