14.0%堅調のTBS日曜劇場『陸王』は、確信と正解に満たされすぎて「ちょっと物足りない」

 今やすっかりドラマ界の“テッパン”となった池井戸潤原作・福澤克雄演出の日曜劇場『陸王』(TBS系)。第2話も視聴率は14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、実に堅調。しかも、裏ではフジテレビが気合いを入れまくってカメラ120台を導入したプロ野球・日本シリーズが放送されてましたので、その強さたるや。たるや。

 というわけで、今回も振り返りです。

前回のレビューはこちらから

 埼玉・行田市で100年続く足袋製造業「こはぜ屋」を営む宮沢(役所広司)は、銀行から融資と引き換えに提案されたリストラを拒否し、工場はまさに風前の灯。なんとしても、新規事業であるマラソンシューズ「陸王」の開発を成功させなければなりません。

 こはぜ屋は、足袋作りのノウハウを応用することで、履きやすくて軽いシューズの試作品を完成させるものの、どうしても今まで使っていた地下足袋用の天然ゴムでは、ソールの耐久性に問題が。そんな折、ひょんなことから手にした「シルクレイ」という繭に特殊加工を施した素材が、シューズのソールに最適であることがわかります。ランニングの専門家である有村(光石研)の直感でも、大学で解析した結果でも「これ以上の素材はない」と。宮沢は、「陸王」の完成には「シルクレイ」が必須であることを確信しますが、「シルクレイ」の特許を持っている飯山社長(寺尾聰)は、会社を潰して行方不明。今回は、その死蔵特許となっている「シルクレイ」をソールに使用するために、まずは飯山社長を探し出すところから始まります。

 もうひとつ、宮沢には願いがあります。それは、故障がちの実業団ランナー・茂木(竹内涼真)に、こはぜ屋のシューズを履いてもらうことです。宮沢は、茂木の復活には、ミッドフット着地と呼ばれる走法をマスターすることが必要だと確信しており、また、こはぜ屋のシューズが、この走法をマスターするための最適な矯正靴であることも確信していたので、茂木にシューズを届けていました。茂木は現在、大手メーカー・アトランティスの専属スポンサードを受けているので、足袋屋のペラいシューズなんかに興味はありませんが、その一方で1日でも早く新フォームを定着させようと、焦りが募るばかりです。

 そういうわけで、今回は「シルクレイを使うために飯山社長を探し出して説得する」「茂木に、こはぜ屋のシューズを履いてもらう」という宮沢の確信を実現させるまでが描かれました。

 で、結局、飯山社長はなんだかんだあって、シルクレイの使用を認めます。プロジェクトチームにも参加し、ソール開発に積極的に関わっていくことになりました。

 茂木のほうはといえば、ケガが治らないことからアトランティスのスポンサー契約を切られ、最初は薄汚れたミズノなどを履いていましたが、監督から「ミッドフット着地を身に着けなければ、お前は終わり」と怖い顔で迫られると、ロッカーに放置したままになっていた「こはぜ屋」を勝手に履いて走り出しました。

 その2つのエピソードを物語るシーンが、並列で現れながら終盤のカタルシスに向かって丁寧に積み上げられます。

 俳優部は、老若男女、揃いも揃って充実ぶりに目を瞠るしかありません。役所、寺尾、竹内はもちろん、ピエール瀧、音尾琢真、小藪千豊、市川右團次、上白石萌音……それぞれが持ち味を発揮しながら、作品世界を彩ります。無名塾、西部警察、ライダー、テクノエレクトロ、TEAM NACS、吉本新喜劇、スーパー歌舞伎、東宝シンデレラといった畑違いの面々が、ひとつの画面の中で融和していくダイナミズムは大バジェットが用意された日曜劇場ならではの魅力ですし、飛び道具として投入されたエッセイスト・阿川佐和子の天真爛漫なおばちゃんぶりも、おそらくは制作側の計算通り、確信通りといったところでしょう。

■かくして『陸王』は、確信に満ちている

 

 確信を実現する物語、その舞台裏もまた、確信に満ちていたことは間違いありません。やることなすこと、全部正解。どうあれ結果はフルマークの判定勝ちであります。危なげ、一切なし。

 もちろん、そうした作品を貶めるつもりは、まったくありません。この福澤組のクオリティは、長年の経験と、今なお精力的であり続ける情熱の賜物です。原作選びからキャスティング、演出、編集にいたるまで、当代一のプロフェッショナルな仕事が完遂されていると思います。じゅうぶんに面白いし、感動的です。

 だけどー。

 それがなんだか、ちょっと今回、物足りなく感じたことは確かなんです。だいたい池井戸さんの原作からして、同じく実在の企業をモチーフにした『空飛ぶタイヤ』のころの逼迫感や、その作品が“存在しているだけ”でヒヤヒヤしちゃうような切実感はありませんし、映像化された世界にも波乱や驚きを予感させるような綻びは見られません。波乱万丈な物語のはずが、原作の1段落目からドラマの最終回まで、完璧に塗り固められた舗装道路の上を走っているように見える。みんな挫折ばかりしているのに、作品に挫折の匂いがひとつもない。ドラマのどこを切っても、赤い血が流れそうな気がしない。

 実際には、そんなことないんでしょう。作り手の方々に対して、すごく失礼な物言いであることは自覚しています。

 それでも、この『陸王』という作品は、視聴者が自らの思いを乗せて羽ばたく翼ではなく、突き崩していくべき壁のように感じるのです。
(文=どらまっ子AKIちゃん)


Source: 日刊サイゾー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です