キムタク大丈夫!? テレ朝『BG』キャストに江口洋介(185cm)、斎藤工(184cm)、菜々緒(172cm)……

 元SMAP・木村拓哉がボディーガード役に初挑戦するテレビ朝日系主演ドラマ『BG~身辺警護人~(仮)』(来年1月スタート)のメインキャストが発表され、“アノ問題”が注目されている。

 同ドラマは、脚本を木村主演の『GOOD LUCK!!』(TBS系)や『エンジン』(フジテレビ系)でもお馴染みの井上由美子氏が手掛ける完全オリジナル作品。木村演じる民間警備会社のボディーガードが、極限の緊迫感の中で任務を遂行する姿が描かれる社会派人間ドラマだという。

 31日に発表されたキャストは、主人公と対立する警視庁SP役に江口洋介、主人公の仲間のボディーガード役に斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、そんなボディガードたちをまとめる身辺警護課の課長役に上川隆也、警護対象者となる厚生労働大臣役に石田ゆり子と、主役級の役者ばかり。加えて、米倉涼子主演『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の後番組という点から、ヒットの条件は揃ったとも言えそうだ。

 だが、ネット上では「このメンツで、なんでキムタクが主役なの?」「江口主演のほうが面白そう」「この中で、キムタクが一番いらないよね」と辛らつな声が相次いでいる。

「予想通り、豪華俳優陣で固めてきた『BG』ですが、要は木村を失敗させないために集められた役者たち。しかし、以前であれば、木村の主演は“当たり前”という空気が漂っていたものの、SMAP解散後はCMが次々と終了し、存在感は薄れるばかり。ドラマ開始後、『誰が主役かわからない』と揶揄されなければいいですが……」(テレビ誌記者)

 また、ジャニーズタレントにありがちな例の問題も……。

「共演者の身長を過剰に気にすることで知られるジャニーズ事務所ですが、『BG』の共演者は江口が185cm、斎藤が184cm、間宮が178cm、菜々緒が172cm……。対して、木村は公称176cmながら、実際は170cm前後と言われています」(同)

 過去には、『エンジン』の制作発表で身長170センチの小雪に「俺の横に立つな」とキレていたと一部で報じられたこともある木村。さらに、“シークレットブーツ説”もささやかれて久しい。

「1月期の主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)では、身長179センチの浅野忠信とほぼ同じ身長だったことから、視聴者の度肝を抜いた木村ですが、『BG』もカメラワークには苦戦しそう。少なくとも、菜々緒と横並びになるシーンはないのでは?」(同)

 昨年放送のドラマ『世界一難しい恋』(日本テレビ系)で、身長の低さを主人公のキャラとして活かした嵐・大野智のようなジャニタレもいる中、頑なにハイスペックであることにこだわり続ける木村。そんな“完璧なキムタク”のイメージを打破しない限り、広くに役者として認めさせることは難しいと言えるかもしれない。


Source: 日刊サイゾー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です