日馬富士“ビール瓶殴打”同席していた白鵬、鶴竜はダンマリ……「3横綱の馴れ合い体質」

 大相撲の横綱・日馬富士が、10月の秋巡業中に平幕貴ノ岩を殴打して大けがを負わせた問題で、白鵬、鶴竜、日馬富士のモンゴル出身横綱3力士による馴れ合いと日本相撲協会の体質の甘さが露呈し、さらなる波紋を呼びそうだ。

 相撲関係者の話を総合するところによれば、日馬富士の暴力事件は10月の鳥取での巡業後、モンゴル出身力士が参加した酒席で起きたという。

 宴席は25日夜から始まり、日付をまたいだ26日の二次会会場でその事件が発生。酒が入り、日馬富士が貴ノ岩の普段の生活態度について説教していた際に、貴ノ岩の携帯電話が鳴ってしまった上に、さらにその音を消そうと操作してしまったことに日馬富士が激怒。机に置いてあったビール瓶で頭部を殴打し、倒れたところを素手でも殴っていたという。

 問題はこれだけにとどまらない。相撲関係者は「その宴席には、あろうことか横綱・白鵬、横綱・鶴竜ら他のモンゴル出身力士数人も出席していたといいます。さすがに現役の横綱3力士がプライベートで酒を飲むというのは、“あらぬ疑い”をかけられても仕方ありませんよ。しかも、日本出身の稀勢の里を除いた3横綱だけが集まるというのも、おかしな話です。モンゴル勢同士で星のやりとりをしているなんて思われたら大変ですよ」と話す。

 そもそも相撲界では2011年、力士数人が白星を金で売買する故意の敗退行為などを行った「八百長問題」が発覚。携帯電話のメールでやり取りしていたことが明らかになり、多数の力士が引退勧告を受けるという前代未聞の事件となった。以後は、コンプライアンス管理が厳しくなり、疑われる行為自体控えるよう相撲界全体で徹底されてきているはずだったのだが……。

 さらに今回の事件で批判を受けそうなのが日本相撲協会だ。前出の相撲関係者は「そもそも暴行が14日に報じられる以前から日本相撲協会は詳細を知らないまでも、事件は把握していたようです。実際、11月初旬に日馬富士と貴ノ岩の師匠である師匠の伊勢ケ浜親方、貴乃花親方からヒアリングを行っていました。協会は何かしらは知っていたはずなんです。ようやく危機管理委員会による調査を行うようですが、後手に回っていると言われても仕方ありませんよ」と話す。

 一刻も早い真相究明と、貴ノ岩の回復が待たれる。


Source: 日刊サイゾー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です