やはりドル箱ドラマは手放せない?『ドクターX』史上最高に薄っぺらなシーズン、予想通りの結末を……

 米倉涼子がフリーランスの天才外科医を演じるドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)第5期も今回でラスト。平均視聴率25.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、有終の美を飾りました。

 前回の終了間際、ショッピング中に昏倒してしまった大門未知子(米倉)。検査したところ、余命3カ月の後腹膜肉腫を患っていることが判明。それを聞いた未知子の師匠・神原晶(岸部一徳)は、アメリカ・ボストンで最高の医療チームのオペを受けられるよう手を尽くします。

 一方、東帝大学病院では、医療界のトップに君臨する日本医師倶楽部の会長・内神田景信(草刈正雄)が、こちらも余命あとわずかという食道がんを患い入院。腫瘍を切除できるスキルをもつのは未知子だけなのですが、医療界の規律を乱す未知子のことを目の敵にしているため、他の外科医でオペを行うよう病院長の蛭間重勝(西田敏行)に命じます。

 東帝大学病院の威信を懸けた、絶対に失敗できないオペということで、蛭間は“腹腔鏡の魔術師”こと加地秀樹(勝村政信)を緊急招集。自信満々の加地の様子を見て安心するのですが、実は加地には未知子を助手につけようという魂胆があったのです。しかし、未知子は病気を理由にこれを拒否。それをきっかけに一気に自信を失った加地を見て不安を覚えた蛭間は、執刀医に内神田の実の息子・西山直之(永山絢斗)を指名します。

 しかし、内神田の病状を知った未知子は、「このオペは私じゃなきゃ無理」と判断して、執刀を決意。神原がせっかく用意してくれたボストンでのオペを断り、東帝大学病院へ向かうのですが、その途中で激痛に襲われ倒れ込んでしまいます。

 オペ開始予定時間になっても現れない未知子を待ちきれず、西山がオペをスタートさせるのですが、想定以上に切除困難な病巣に戸惑い、インオペ(手術中止)を決意します。

 そこへ、「ちょっと待った」とタイミングよく現れた未知子は、激痛をこらえながら見事なメスさばきを見せ、オペを無事に成功させます。しかしその直後、痛みに耐えきれず転倒。自身の緊急手術を西山に託すのですが、内神田と同じく切除困難な病巣を見て、西山は尻ごみをしてしまいます。

 ただ、未知子は最初からこうなることを予測し、自身のオペの術式と手順を書いたノートを残していたのです。そのノートを手にオペ見学室に駆け込んだ神原が西山に指示を与え、未知子はなんとか命を取り留めたのでした。

 後日、内神田と蛭間は収賄罪で逮捕。未知子は外科医としてのキャリアをスタートさせたキューバへ飛び、新たな生活を始めたところで終了となりました。

 さて感想ですが、序盤で“未知子、余命3カ月”と発覚した時点で興醒めしてしまいました。一応、気づかないうちに病魔に蝕まれる“サイレントキラー”という設定になっていましたが、あまりに突拍子がなくて強引な展開に思えたからです。そのため、愛弟子である未知子の身を案じた神原が号泣するシーンも、“お芝居をしてる”といった感じで、まったく感情移入できませんでした。

 そもそも、同ドラマはこれまでのシーズンの最終話でも、神原や麻酔科医・城之内博美(内田有紀)といった未知子の身近な人間が大病を患い、結果的に助かるというパターンが繰り返されてきただけに、どうせ今回も助かるんだろうな、という予測が容易にできました。ましてや、高視聴率を獲得しているドル箱シリーズを簡単に終わらせるわけはないでしょうから、完全に予定調和の結末といった感じでした。

 これが例えば、シーズンの中盤あたりで未知子の病気が発覚し、オペをするものの完全には腫瘍切除できず薬で散らす手段しかない。さらに、“米倉涼子が続編出演に難色を示す?”なんて情報が流れていれば、緊迫感が生まれて見方は変わったと思います。神原との師弟愛や博美との友情をより深く掘り下げることができたかもしれません。また、未知子がかつて神原から受けたような指導を施すことで、西山との師弟関係ももう少し濃密に描けた可能性がありますし、成長した西山が師匠の命を救うという見せ場にも繋がったのではないでしょうか。

 しかし、今回になって急に余命3カ月が発覚し、奇跡的なオペで命を取り留めるという展開では、最終回をインスタント的に盛り上げるご都合主義にしか思えないのです。今期は薄っぺらいストーリーが目立ちましたが、その極みといったところ。やはり、大門未知子の生みの親である脚本家・中園ミホが参加しなかったことが影響しているのでしょうかね。そう遠くない時期にまた続編が放送されると思いますが、今シーズン特に悪目立ちした米倉の後輩女優たちのゴリ押しも含め、ダメな部分が改められることを期待します。
(文=大羽鴨乃)


Source: 日刊サイゾー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です