松本人志も大興奮!『ワイドナショー』で話題の“四つ葉のクローバーの声を聴く少女”って!?

 1月7日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)。新年最初ということもあり、過去の未公開トーク集だったのだが、その中で話題になったのが「四つ葉のクローバーの声が聞こえる少女」の話。どんな少女か? 紹介させていただく。

 

■松本が大ファンでもある『探偵!ナイトスクープ』に来た依頼

 

 もともと、エビスビールなどに意図的に混ぜられているレアパッケージ(“ラベルの恵比寿様が多めに魚を持ってたらラッキー”的なやつ)の話題だったのだが、そこから「ラッキー」つながりでゲストの立川志らくが、ベランダに生えていた雑草がミステリーサークルのように倒れ、そこに無数の四つ葉のクローバーが生えていた? という謎のエピソードを語り、それを受けてMCの東野幸治が切り出したのが、前述の「四つ葉のクローバーの声を聞き、即座に見つけることができる不思議な能力を持つ少女」の話だった。松本人志も「知ってるよ! あれなんなん? ほんま」と興奮ぎみだ。

 これは『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)で2012年7月に放送されたもので、かつて同番組の大ファンだという松本がサプライズ出演した際も、フェイバリットとして真っ先に挙げていたエピソード。

 一応説明させていただくと、この番組は視聴者からの依頼を受けた探偵(タレント)が依頼主を訪問、ともにさまざまな問題を究明したり解決したりする関西では知らない人がいないほどの人気番組。この日放送された依頼の一つが、長野のある主婦からのものだった。

 

■大量の四つ葉を見つけてくることで発覚

 

 5歳になる娘が、公園に遊びに行った際、ものの数分でたくさんの四つ葉のクローバーを見つけて来るので、「どうしてこんなに見つけられるのか聞くと『こっちだよ』と教えてくれるというのです。(中略)本当に四つ葉のクローバーの声が聞こえるのでしょうか? 恵子(娘)の不思議な力を調べて下さい」という依頼。スタジオの出演者は半信半疑だが、これを受けて探偵役のたむらけんじが向かったロケで、にわかに信じがたい光景が繰り広げられた。

 母親とともに現れた渦中の人物・恵子ちゃんは、どこにでもいるようなあどけない少女。特別変わった様子は特にうかがえない。

 しかし、最近「あまりにも見つける量が多すぎるので……」と、母親が娘の異変に気付いたという。一瞬面白く聞こえがちなきっかけだが、自分が当事者だと思うと結構ゾワゾワする。

 たむらが「(四つ葉の)声が聞こえるの?」と聞くと、少女は笑顔でうなずく。だが、その声がなんて言ってるのかと問うと「えっとね、聞こえる」と、うまく伝えられない様子。なんたって、まだ5歳だ。

 しかしたむらが「なんか声するなあと思って行くと、四つ葉のクローバーがあるの?」と聞くとはっきり「うん」と答える。

 街中の公園で、さっそく四つ葉探しを開始、実証に乗り出す。

 

■「あった」の連発

 

 足を踏み入れてすぐのエリアにクローバーが群生してるが、少女は5秒ほど見渡して首を横に振り、ここからは声が聞こえないと、すぐに移動。ないところはすぐにわかるらしいと母親が言っていた。

 クローバーはいくつか群生しているようだが、見渡しながら歩きつつ、ふいに「あっちらへんにあるかも」と歩を進める恵子ちゃん。「生えてるかなあ?」と、あどけない口ぶりで言いつつ、植え込みの向こうに別の群生を発見する。植え込みで遮られ、子どもの背丈からは見えなかったはずの場所。そこへ足を踏み入れることわずか15秒。

「あ。あった」

 四つ葉発見。驚くたむら。

 このエリアに四つ葉が多いということを、前もって知っていたことはないはずだ。なぜなら、ここは地元の長野ではなく、撮影のため出向いてきてもらった大阪の公園なのだ。四つ葉どころか、歩を進めた先にクローバーが群生してることすら怪しかったはず。

 スタッフと目を見合わせるたむら。驚愕しつつ、笑うしかないという雰囲気。声が聞こえたのかと尋ねられ、笑顔でうなずく恵子ちゃん。まだ自分の力の凄さがさほどわかっていない感じで、カメラなどに多少モジモジしながらも、大人が驚くのが楽しくて仕方ない様子だ。

「あった」

 大人たちの驚きが冷めやらぬうちに立て続けにブツを見つけ出す。

 驚くのは、この子が別段目を凝らして探していない点だ。しゃがんで葉をかき分けたり凝視したりせず、立ったまま、いきなり見つけるのだ。もちろん何本ものクローバー(三つ葉)の中に紛れてるので、ピンときてからその目当ての一本を特定するわずかな時間は目を凝らしているように見えるが、そこに至るまでは、しゃがんだりすることなく、場合によっては、いきなりそこまで走って行っておもむろにゲットすることすらある。もはやビーチフラッグだ。

 幼い子どもなら、もしやこういう経験もあるのだろうかと、近くにいた親子連れに声をかけるたむら。

「何歳ですか?」「8歳かあ、あのさあ……」

 しかしその背後から「あった!」と少女の声。恵子ちゃんが容赦なく四つ葉を狩り続け、持ってくる。しかも「2つ持ってるやん、もう!?」と、ハイペース。

 めげずにたむらは事情を説明、ロケを見物してる子どもらに質問する。

「四つ葉のクローバーから声聞こえたことある?」

「ない」

「四つ葉のクローバー見つけたことある?」

「うん」

「結構時間かかった?」

「うん」

「せやんなー、普通かかるよな……」

 その背後から忍び寄り、無言で四つ葉を差し出す能力者・K。

「またあったん?」

 獲物を渡し、すぐさま捕獲に戻るさまは、鵜飼の鵜のごとし。

「けいちゃんの能力が止まらない!」

 怯えるたむらに、おかまいなしに次々と四つ葉が手渡される。もはやため息しか出ない。

 思わず「ちょっと声聞くのやめようか」と能力を止めさせ、整理しようとするたむら。理解がついていかないのだろう。手には四つ葉のブーケが出来つつある。絶対に幸せになれる量だ。

 

■1本30秒のハイペース

 

 たむらが言うには、探し始めてまだ5分ほどらしい。それで10本の四つ葉。1本30秒のペース。我が国で新生児が誕生するペースとほぼ同じインターバルで、「幸福」を見つけ続ける少女。しかも一人で。

 ここで、たむらや母親、公園にいた子ども含め全員で四つ葉を探してみることに。

「持たざる」人間たちがどれくらいみつけられるのかという検証だ。

「どこ行ってもいいよー?」「声聞こえるらしいでー?」

 たむらが、全員にハッパをかける。みな、しゃがんで必死に目を凝らす。

「あった!!」

 そう言って四つ葉を手に、うれしそうに駆け寄って来たのは、他ならぬ恵子ちゃんだった。

 結局恵子ちゃん以外の人間が四つ葉を見つけ出すことはできず、他の公園に移動しても開始1分でターゲットを見つけ出すなど、BGMの「やさしさに包まれたなら」(荒井由美)の効果も相まってか、夢を見ているような映像だった。ナイス選曲。

 

■親も能力者か?

 

 専門家に電話で尋ねると、あちこちでそういった研究をしてる人もおり、なんらかの形でその「声」を聞き取る能力があってもおかしくないという。

 調べてみると、西オーストラリア大学の進化生態学者モニカ・ガリアーノ(Monica Gagliano)氏の研究チームなどは、植物が隣に植えた植物と音でコミュニケーションをとっているのではと研究している。(http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/7927/

 不思議な話だが、たむらと母親も公園に行く前の会話で、純粋だから声がわかるのかな? と納得できる理由にすがるかの如く、語り合っていた。

 特に面白かったのが、その流れで「お母さんが子どもの時はどうやったんですか?」とたむらに尋ねられ、「海の中に行くと魚の声が聞こえてましたけど」と、当たり前のように答えていた母親。たむらが思わず「……なんなん?」と戸惑っていたが、もしあれが本当だとしたら、結局、血筋なのだろうか。この子の能力がその後どうなったのか気になる。

 

■もう一人の四つ葉マスター

 

 実はもう一人、近年メディアで取り上げられている「四つ葉少女」がいる。

『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系/17年8月)や『嵐ツボ』(フジテレビ系/16年7月)などで取り上げられた生澤愛子(21)という人物。つい先日(3日)も『アラおめ!2018』(フジテレビ系)という嵐の正月特番に出ていたが、彼女が今まで見つけた四つ葉の数は、およそ8万本(17年時点)。1時間に305本見つけたこともあり、やはりその能力が尋常でないことがわかる。

 しかも17年だけで7つ葉を9回、さらに8つ葉まで発見している。彼女の場合は「(四つ葉と)目が合うような感じ」「光って見える」というものらしく、共感覚ではないかと言われているが、こちらもはっきりしていないらしい。

 はたして2人の能力に関連はあるのか気になってしまう。彼女も3歳の頃、同じく大量に四つ葉を手にしている姿を母親が発見し、能力が露呈したという。

 ぜひとも『探偵!ナイトスクープ』の続編で両者が対面し、「四つ葉能力者あるある」で2人だけで盛り上がる画が観てみたい。

 そして、ほったらかしになっている志らく師匠のベランダの謎も、できたら解明していただきたい。
(文=柿田太郎)


Source: 日刊サイゾー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です