高校生が“女・男・女”の3Pをライブ動画配信「彼のは、ハンマーと同じくらい大きい!」

 中国では昨今、ライブ動画配信者の暴走が社会問題となっているが、またもや超過激な動画が配信されて話題になっている。「三立新聞網」(1月27日付)などによると、18歳の高校生男女3人が「3P」をライブ配信したのだという。しかも、「男1女2」という、まるでAVのようなシチュエーションだ。

 舞台はどうやら、女子高生の部屋のようだ。男子高生が彼女の家に遊びにくると、赤のミニワンピースを身に着けた女子高生がスマートフォンに向かい、動画配信をしていた。彼女は視聴者に煽られ、セクシーナース服のような白い服を着たもうひとりの女子高生とともに、パンティを脱いでしまう。

 やがて、視聴者からの要求はエスカレート。なんと、男子高生が赤いワンピースの女子高生とセックスを始める事態にまで発展した。後ろから突かれながら、女子高生は「入らないわ、痛い!」「彼のは、ハンマーと同じくらい大きい!」「私(のアソコ)がきつすぎるの? それとも、あなたのが大きすぎるの?」と実況中継(!?)するなど、サービス精神を発揮していたという。その様子を、ベッドに横たわりながらまじまじと眺めていた白い服の女子高生の手は股間に伸び、「次は私の番」とばかりにオナニーしているようにも見える。

 視聴者は「勇敢すぎる!」「俺をイカせてくれ!」と大興奮。「やりすぎだろ! あとで後悔するなよ」と心配する声まで上がっていた。

 これほどまでに過激な動画配信をした者は、すぐに当局に拘束され、メディアに報道されることが多いが、現在のところ、配信者が拘束されたという報道はない。女子高生がAV女優さながらの大げさな淫語をスラスラと口にしていることから、疑似セックスではないかとの見方も出ているが……。真相は不明である。
(文=中山介石)


Source: 日刊サイゾー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です