小室圭さん・秋篠宮眞子さまの破局は既定路線? “2年後”の意味は「辞退を待つかたちで……」

今週の注目記事・第1位
「結婚延期の文言に隠された“本当の意味”」(「週刊女性」2/27号)

同・第2位
「貴乃花答える!」(「週刊文春」2/15号)

同・第3位
「小泉今日子独占告白、豊原功補と3年不倫&熱愛全史-キョンキョンの素顔」(「フライデー」2/23号)

同・第4位
「逃げきれないぞ! 佐川国税庁長官」(「サンデー毎日」2/25号)

同・第5位
「理事選直前、小野川親方『大人のおもちゃを買って愛人と不倫密会』」(「フライデー」2/23号)

同・第6位
「茨城妻子6人殺害獄中告白-自分だけ死のうか、みんななくしちゃおうか」(「週刊文春」2/15号)

同・第7位
「西武・今井達也クンが煙草とパチンコに耽った夜」(「週刊文春」2/15号)

同・第8位
「平昌五輪雪原のROE」(「週刊新潮」2/15号)

同・第9位
「地元支持者も嗤う『茂木大臣』の虚偽答弁-政権が火消しに走った買収線香」(「週刊新潮」2/15号)

同・第10位
「『江本孟紀』球界への遺言-<闘病手記>スキルス胃がんにも達観」(「週刊新潮」2/15号)

同・第11位
「誤嚥性肺炎は食べながら治す-絶食はダメ、9割は食べた方がよくなる」(「週刊文春」2/15号)

同・第12位
「チレント地域で見つけた長寿の秘密/『健康長寿』最後の決め手はオシャレ」(「週刊新潮」2/15号)

 今週は現代とポストが合併号だったので、お休み。今週の話題は、なんといっても秋篠宮眞子さんの結婚延期発表であろう。

 不思議なことに、新潮は水曜日発売だから間に合わないが、文春は平常の木曜日発売なのに、このニュースに触れていない。

 無理すれば入れられたと思うが、情報に敏感な文春がなぜと思わざるを得ない。このところの不倫報道批判で、編集長がやる気を失っているのでないといいのだが。

 早速いこう。新潮がイタリアの長寿村の第2弾をやっている。

 先週も触れたが、世界の長寿地域には共通項があるという。日常的に体を動かす。生きがいがある。ストレスが少ない。腹八分目に抑える。野菜中心の食生活。赤ワインなど適量のお酒をたしなむ。社会的グループに参加している。宗教活動に参加する。家族間の絆が深い。

 これはアメリカの長寿研究家・ダン・ベットナー氏が挙げているものだ。

 私は、ストレスはない。野菜中心ではないが多く食べている方である。お酒はたしなむ程度ではなく、飲み過ぎる傾向にある。

 生きがいはないこともない。腹八分目が難しい。無宗教である。家族間、ことにカミさんとの絆は極めて浅い。

 それでも72まで生きてきたのだから良しとするか。

 新潮によれば、その上、オシャレに気を使う人は長生きだという。それはそうだろう。いくつになっても身ぎれいにするというのは、元気で、外へ出かける機会がないとならない。

 今年の始めから脊柱管狭窄症で、足の激痛があり、歩行も困難になっていた時は、オシャレもクソもあったものではなかった。

 ようやく春ですね~。オシャレをして千ベロ居酒屋へでも行きますか。

 最近、誤嚥性肺炎の記事が多い。新潮がだいぶ前にやって部数がよかったという。今週は文春がやっている。

 こうした記事に、少し前は関心がなかった。今はなんとなく読んでしまう。年をとったのだろう。

 誤嚥性肺炎にならないためには、寝ている時、唾液が誤嚥して肺に入らないようにすることである。

 そのためには、座布団ぐらいの枕を用意して、上半身を15~20度ぐらいに起こして寝るといいという。

 それから大事なのは口腔ケアだ。歯と歯の間の歯間、舌、口蓋(口の天井部分)をきれいにする。

 食べるときは、下45度に顔を向けながら、安定した姿勢で食べる。

 私はカミさんから「犬食い」だといわれるから、このままでいいのだろうか。ご同輩、肺炎の多くは誤嚥性肺炎だ。お気をつけあれ。

 新潮によれば、エモやんこと江本孟紀(70)がスキルス性の胃がんだそうだ。

 手術をして全摘されたが、あれこれ考えずに、再発するまでは好きなことをやると文春でいっている。

 旨いものを食って、いい景色を見ておこう。好きなハーレーダビッドソンでアメリカ大陸横断をやりたいと、意気軒昂である。

 野球も辛口を止めない。大谷の二刀流は明らかに失敗だという。エモやんの批評に、大谷はどう答えるのか、日本ではなく、アメリカのプロ野球の開幕が待ち遠しい。

 新潮の茂木経済再生相の「買収線香」問題は、新潮によれば、二階幹事長も「茂木の線香? そんなの問題あるに決まってるだろ」といったという。

 茂木の事務所関係者も「政党支部が配っているなんて茂木の弁明は嘘。国会では本人による配布を否定しましたが、それも嘘です」

 安倍政権は茂木の疑惑の火消しに奔走したが、安倍首相本人が、モリカケ問題で、ウソをつきどおしなわけだから、上がやっているんだから、俺たちも「否定し続ければ本当になる」と考えてもおかしくはない。

 嘘つきは……は死語なんだろうな。

 さて、平昌五輪が始まった。開会式のNHKの視聴率はいいらしいが、すこぶる評判が悪いのは寒すぎることだ。マイナス20度にもなるのでは、野外では競技どころではないのではないか。

 今回一番の注目は、フィギュアスケートの羽生結弦と、スキージャンプの高梨沙羅だろう。

 羽生は11月に練習で4回転ルッツを跳ぼうとして転倒した。右足関節外側靭帯損傷というケガで全治3~4週間といわれていた。

 だが回復は遅れ、リハビリは90日以上になり、マスコミは完全シャットアウトだったと新潮が報じている。

 本格的な練習を始めたのは1月上旬。団体戦を欠場して個人戦だけに出るというのも、ケガの具合が心配で、ぶっつけ本番の個人戦しかできないのであろう。

 だが、新潮は「ケガの具合を伏せ続け、ライバル選手を疑心暗鬼に陥れる心理作戦も加わった。66年ぶりの2連覇達成の公算は大か」と結ぶ。

 そういえば、羽生のコーチも、テレビの取材でやけに明るかったな。

 心配されていた高梨沙羅は、フィンランドで調整するはずが天候不良のためまともな練習ができず、ルーマニアW杯も雪不足で中止、その上11戦連続未勝利と、五輪雪辱は難しい状況といわれていたらしい。

 だが結果は3位と、よくがんばった。本人が一番ほっとしているだろうな。

 いつも五輪前には、メダルがいくつ取れるかとメディアは騒ぐが、その通りになったことはない。

 今回は、小平奈緒と羽生が取れなければ金はゼロになるだろう。羽生は心配だ。

 文春のグラビアに、西武の今井達也がたばこをくわえてパチスロをする姿が載っている。

 一昨年ドラフト1位で入団したにもかかわらず、右肩を痛めて戦線を離脱している。

 弱冠19歳。たばこはいかんわな。球団は5月まで対外試合出場停止という「厳しい」処分を発表した。

 馬鹿は……も死語だろうか。

 お次は文春。茨城で妻子6人を殺害して放火した小松博文(33)が、獄中告白している。

 小松と妻の恵さんが出会ったのは8年前。病院で働いていた恵さんは、小松から声をかけられて知り合い、小松は恵さんのアパートに転がり込む。

 彼女は離婚していて、当時3歳の子どもがいた。3カ月後に妊娠がわかり、出産。その2年後、さらにその2年後には双子が生まれる。

 彼女が病院の事務職で働くだけでは家計を支えられない。小松は建設業や除染作業員などをやるが、どれも長続きしない。

 仕方なく恵さんはスナックで働き始める。しかし、それからお決まりの、妻に男ができるのだ。

 携帯電話を調べ、男の存在を知る。それから妻の後を追って男のアパートを突き止める。

 その男と対決するのだが、男が暴力団関係者のようなことをいったというので、帰ってしまう。

 恵さんは、件の男に結婚していて子どももいることを打ち明けている。だが、2人とも、体の関係はないといっている。

 一度は、その男と縁を切るなら離婚に応じると、小松は同意した。だが恵さんの心はその男から離れない。

 そうやって、小松は疑心暗鬼になり、ついには、自殺しようか、「みんななくしちゃおうか」踏ん切りがつかない。

 再び話し合いがされ、ついには離婚届けを出すという結論が出た日の前日、凶器を買いそろえて、早朝、凶行に及ぶのだ。

 恵さんを刺すシーンは、読んでいてこちらも震えがくる。

「自分の心臓の音が近所に聞こえるんじゃないかと思うくらい大きかった。身体がこんなに震えるのかと思うくらい激しく震えた。寝ている妻に近づいて、布団の上から一刺し……しました。その時、妻が長女の名前を呼んだんです。『ムー』って。その声を聞いて余計に焦った。無我夢中で刺した……それから長女の方に向かって行き」

 子どもを刺した記憶はないという。やったには違いないが、すっぽり抜け落ちているというのである。

 それでも「死刑は恐ろしい」という。こんな男を死刑にしても、恵さんや子どもたちが生き返るわけではないのだが。

 フライデーに小野川親方(35・元幕内北太樹)が、彼女とホテルへしけこむ前に、六本木の「ドン・キホーテ」で、大人のおもちゃを買っていたという、バカバカしいけどおかしい記事が出ている。

 だけどフライデーもよくこんなところを撮ったね。ホテルまで追って、2人が入るところを撮っているから、情報があったのだろう。

 この聞いたこともない元力士も、理事選では一票持っているんだ。町田市で豆まきのイベントを終えた小野川に直撃している。

 浮気ではない、英語の先生と勉強していたのだといい張る。だが、ちなみに「ドンキ」で何を買ったのかと聞かれ、

「その時使う物かどうかは、また別じゃないですか。そそそそ、そうだから。それじゃ」

 そりゃ慌てるわな。英語で大人のオモチャってAdult toysっていうのかな。小野川さん、教えて!

 さて国会が始まって、またまた森友問題について厳しい質問が野党から飛んでいる。

 さらに、森友学園への土地払い下げ問題で、虚偽答弁をくりかえし行った佐川宣寿前財務相理財局長が国税庁長官に出世したことで、野党から批判が続出している。

 朝日新聞DIGITAL(2月13日12時51分)によると、

「長妻昭氏(立憲民主)は、16日から始まる確定申告に支障がないかを問題視。『(佐川氏は)自分は逃げ回って、国民は確定申告に来い(と言う)。道理が通るか』とただした。
 麻生太郎財務相は『現時点で特段の支障が生じているわけではない』と強調しつつ、『明日から起きるかもという話だが、当然そういうことも起きることは十分ありうる』。さらに『苦情が起きるんじゃないかとおっしゃったので、そういうことも起きるかもしらんということだ』と述べた」

 サンデー毎日は、安倍首相のこの問題に対する答弁は、籠池被告の些末な発言を取り上げ、言外に「籠池はウソつきだ」と匂わせる、籠池発言を事実だとして政権を批判した野党への逆恨み、朝日新聞を中心とした報道への批判、聞かれたことをはぐらかす、ヤジに過剰に反応するなど、この問題に真摯に応えようという姿勢がないと批判している。

 この問題はまだまだ追及する必要があること、いうまでもない。

 朝日新聞も、もっと元気を出して、追及する材料を報じ、安倍のウソで固めた森友、加計学園問題で安倍を追い詰めてほしいものだ。

 小泉今日子が豊原功補との3年不倫を告白して話題になっている。フライデーがその小泉の「独占告白」をやっている。

 小泉は長年いたバーニングプロから独立し、「明後日」という面白い名の個人事務所を立ち上げた。

 それと同時に豊原との「不倫関係」も明らかにしたのだが、本人は「スッキリは全然、していません」といっている。

 それは「自分の真意が伝わらない」ことにあるというのだ。豊原との仲は、フライデーが報じた。以来、「豊原は離婚している」という情報がインターネット上で流布し、「(豊原の)ご家族の存在が伏せられた形になってしまった」。だが、優秀なメディアの皆さんが、豊原に妻子があるのだから結婚できないことをわからないはずはないのに、「もうすぐ結婚か」という記事がチョコチョコ出てしまう。

 豊原の家族の存在をスルーしてしまったことが、ずっと気になっていたという。

 フライデーで報じられた時、バーニングはコメントを出さなかった。他のメディアも、周防郁雄というドンがいるプロダクションを「恐れて」、後を追うところはほとんどなかった。

「あの時、いまと同じような(各メディアに不倫と報じられる)結果になっていれば、色んなことの未来につながっていたんだろうという気がしていて、それは私の中で後悔しているところです」

 小泉にとって、豊原は再婚相手というよりも「力強い仲間」だという。

 だが、こうしたことを公言すると、CMの依頼は来ない、民放のドラマ出演も難しい、豊原の妻から訴えられることもあるかもしれないと、広告代理店テレビ局担当なる人間がしたり顔で話している。

 小泉はそんなこと気にしはしない。バーニングの周防郁雄氏に唯一ものをいえる人間であり、自分はこう生きていくというどしょっぽねがドーンと座っている女である。

 これからがさらに楽しみな女優だ。

 貴乃花がようやく口を開いた。2月7日、テレビ朝日の特番で、山本晋也氏(何で山本なのだろう)のロング・インタビューを受けた。

 今日発売の文春でも貴乃花のインタビューをやっている。テレ朝のほうは理事選の前と後、2回インタビューしたそうだが、文春は、理事選に「落選」した翌日。

 テレ朝では、理事選で2票しか入らなかったがと聞かれ、サバサバした表情で「見事に落ちました。でも無風ではなく選挙になっただけでも、意味があった」と答えていた。

 どちらもほぼ同じ内容だから、文春を引用させてもらうが、貴乃花のいいたいことは以下のことに尽きる。

「(貴ノ岩を=筆者注)殴った、殴らないといった、相撲界ではよくある話――で済まされる事態ではなかったんです。土俵ではなく酒の席で、凶器も使われ、一人が重傷を負わされたんです。(中略)後々、暴行の様子が分かってくると怒りに震えました。あいつらそこまでやったか、よくもオレの子に手を出してくれたな、あげくに、それをよくも躾のためだと言えたもんだな、と」

 この暴力行為は内々で解決するようなものではない。それはうちの部屋だ、モンゴル人だからではなく、それぞれに師匠がいることだし、相撲界全体が向き合わなければいけない問題だと熱を込めて話す。

「なのに、被害者の貴ノ岩にも非があるように言われてしまった。やられた方も悪者にするって、考えたら恐ろしいことですよ」(貴乃花)

 それに続けて貴乃花は、「相撲協会のあるべき姿とは、人を大事にすることです。それが相撲界の未来を左右するんです」と語る。

 耳触りのいい抽象的な表現だが、人を大事にする相撲界にするんだ、という主張に反対する人間はいないだろう。

 相撲界に根強くある、弟子を「可愛がる」ためという屁理屈をつけた暴力やいじめを、どうしたらなくせるのか、私だったらもっと突っ込んで、具体的にいってくれというのだが、山本監督も文春も聞いてはいない。

 テレビでは、今の相撲協会を飛び出て独立するようなことをほのめかしていたが、文春では、「ゆくゆくは大相撲全体が一つの一門になるのが理想です」と、やや違ったいい方をしている。

 テレビと文春を読んで、貴乃花のいい分にも一理あるのはよくわかる。だが、協会側と対立している貴ノ岩のケガの程度(貴乃花は重傷だといっている)、殴打事件の発端になった貴ノ岩の「俺たちの時代だ」発言(貴乃花は「貴ノ岩はそんなことは全くいっていない」としている)などはいまだ「藪の中」である。

 両者のいい分を聞き、当夜の関係者たちを取材して、なぜあのような暴力事件が起きたのかを解き明かしてくれるノンフィクション・ライターが出て来てほしいものだ。

 土俵以外での暴力は許さないという貴乃花だが、週刊朝日(2/16号)に気になる記事が出ていた。

 貴乃花部屋にいた元幕下・貴斗志が、14年に貴乃花親方に引退届を出されたことを不服として、地位確認などを求めての控訴審裁判(一審は原告の敗訴)でのこと。

 原告側から出された元力士で貴乃花の付き人をしていたA氏の陳述書の中に、「師匠からひどい暴行を受けたことがある」と語っているというのだ。

 14年の九州場所で、貴乃花から紋付き袴のアイロンがけを頼まれた。だがチャンコなどの準備で忙しかったA氏は、それを同期の力士に頼んだところ、その人間が忘れてしまったそうだ。貴乃花にそのことを報告し、詫びたが、「師匠は私の胸ぐらをつかみ、まず平手で10発ぐらい往復ビンタし、その後、こぶしで私の顔面を10発以上殴りました」(A氏)。

 またA氏は、貴ノ岩からも暴行を受けたと証言しているそうだ。貴ノ岩については、引退したB氏も証言調書で、エアガンで後輩力士を撃ってふざけていたこと、後輩力士のみぞおちに何度も「ブルース・リーパンチ」を打ち込んだと話しているという。

 貴乃花側に取材を申し込むと、代理人の弁護士から「事実無根」だと回答があり、こんな事実無根の話を報道しないよう、「慎重にご対応されることを要望いたします」と念押ししたそうだ。

 A氏は、2度目の取材は断ったが、B氏は「法廷で証言したことはすべて本当です」といい、「師匠はアップダウンの激しい人。ニコニコしているのはアップの時だが、ダウンの時は部屋の力士、景子夫人にしか見せない別の顔がある」と語っている。

 朝日はなぜか2ページしかやっていないが、文春、新潮だったら巻頭でやってくる話ではないのか。貴乃花はこの「疑惑」についてもきちっと語るべきであろう。

 ところで、いわんこっちゃない。株が大暴落している。週刊誌業界には「予測したことと反対のことが起こる」というジンクスがある。

 現代は、先週号でカリスマ・エコノミストなる者が「日本株は10万超え」といい、今週は「3万円までは強気で大丈夫か」と書いた。「か」はついてはいるが、「2020年の東京五輪を迎えるころにはバブル以来の3万円台に突入する、という楽観論が大勢を占める」としている。

 トランプは大幅減税と積極的インフラ投資を約束しているのに、NYダウ平均株価は6日、史上最大の下げ幅を記録した。日本の日経平均も大幅に下落し、世界中へ波及している。

 首相官邸には株価が分かるボードが据えられているという。安倍はそれを見て青ざめたことだろう。

 今週の第1位は、秋篠宮眞子さんと小室圭さんとの結婚が延期されたきっかけを作った週刊女性に挙げたい。これこそ週刊誌だ!

 2月6日に、秋篠宮家の眞子さんと小室圭さんの結婚式が延期になったと宮内庁が発表した。さらにお二人の「お気持ち」を公表した中に、

「現在予定している秋の結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がないことを認識するようになりました」

「再来年に延期し、充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました」

 という文言があり、さまざまな憶測を呼んでいる。

 記者たちが、延期は、週刊誌の「小室さんの母親の金銭トラブル」報道の影響かと尋ねると、それはないと宮内庁側は答えている。

 だが、結婚式は11月だから、時間的にはまだ余裕があるはずだ。再来年まで延ばせば、「永すぎた春」になるかもしれないと心配になる。

「眞子さま婚約破棄」という大見出しが、スポーツ紙や週刊誌に載る日が来るのではないか。

 祝福ムードが一転、もやもやした暗雲が垂れ込めてきたようである。

 小室圭さんの母親の金銭トラブルを、最初に報じたのは週刊女性(以下週女)の12月11日発売の号だった。

 タイトルは「秋篠宮家はご存知か! 眞子さまの婚約者・小室圭さん母『400万円』借金トラブル」。

 佳代さんが家を出るときの写真を掲載し、圭さんのICUの授業料や留学費用、生活費だといわれ、男性側が振り込んだ明細(友人提供)まで載せている。

 だが、元婚約者という男性は、借用書をもらっていないから、裁判を起こしても「贈与と認識していたのではないかと推認されてしまう可能性が高い」ため、取り戻すことは難しいと、同誌で天辰悠弁護士が語っている。

 この時はさほど話題にはならなかった。この後追いで、新潮と文春が報じたことで火が点いた。

 先週のこの欄でも紹介したが、新潮は「いわば広義の『援助交際』といったところか」とまで書いた。

 さらに、息子の圭さんがアメリカに留学するとき、母親が、ホームレスが多いから近づくな、結核がうつると注意していたことまで暴露された。間の悪いことに、結核予防に取り組む公益財団法人「結核予防会」の総裁は秋篠宮紀子さんなのだ。

 以前にも触れたと思うが、美智子皇后は雑誌、それも週刊誌をよく読んでいるといわれる。

 週女は先週号でも、母親の佳代さん(51)の件で小室圭さんが、年末年始に極秘で宮内庁から呼び出されていたと報じている。

「美智子さまは、皇室記事をほとんどチェックしていて、今回の借金トラブルにも憂慮されているようです」(皇室ジャーナリスト)

 こうした報道が出る中、小室圭さんが秋篠宮に、「この件はまったく知らなかった。直接説明したい」と申し出たという。

「しかし、秋篠宮さまは申し出に対して“結構です”と、はっきり断られたんです。その際の秋篠宮さまは、圭さんのことを信用しているから断ったというご様子では、なかったそうです」(宮内庁関係者)

 圭さんは留学から帰ってきたとき、その男性のところへ「ありがとうございました」と直接伝えているそうだから、知らなかったというのは無理があるようだ。

 週女は、この件にかなり詳しい情報源を宮内庁に持っていると見える。週女が発売された日と同じ6日に、宮内庁は結婚式の延期を発表している。

 なぜ、こうしたトラブルを、大事な息子のはれの日の前に解決しておかなかったのだろう。もらったものだから返すいわれはない。それはそうかもしれないが、皇室というところはこうした男女間の醜聞を嫌がるところだと思う。

 嫌ないい方になるが、この報道が出てから、小室圭という人物を見る目が少しだけ変わってきた。

 朴訥で優しい男の子から、若いのにそれなりの苦労をしてきた若者なんだなと。そうした男性のほうが、世間を知らない眞子さんにはいいのではないか。そうも思っているのだが。

 女性セブン(2/22号)は、文春と新潮が圭さんの母親の金銭トラブルを報じる前の1月20日に、紀子さんと眞子さんが極秘で皇居へ行っていたと報じている。

 さらにセブンで「小室家のスキャンダルがさく裂した背景は、明らかに一部の勢力の思惑が働いています。結婚延期という急展開は、その筋書きに導かれる形で現実になったんです」と皇室ジャーナリストが語っている。

 記事の中で、その勢力についての説明はないが、美智子皇后が、雅子さんや紀子さんを誹謗するような記事が出ると、それをフォローするために、厳寒の夜でも、赤坂御所などへ出かけていると報じている。

 現在の皇室内の様々な問題に対処しているのは美智子皇后ご自身だというのである。そうなると、眞子さんの結婚延期も、美智子皇后の一存で決まったのだろうか。まだまだこの問題、一転、二転あるような気がする。

 先週会った日刊ゲンダイの幹部氏は、あっさり、眞子と小室が別れるのは既定路線だといった。

 にべもない。だが、そうなったとき、眞子さんの心痛いかばかりであろう。

 今週の週女は、続報として、眞子さんが、こんな大事なことを自分になぜ話してくれなかったのかと、圭さんへの不信感を露わにしていると報じている。

「正式婚約の前にこんな重大な事実を話さなかった圭さんに対して、眞子さまは“なぜ話してくれなかったの”と圭さんを怒るとともに、そうとうなショックを受けておられました。
 家庭内は“この件をなぜ知らせなかったのか”という雰囲気が漂い、ピリピリしています。眞子さまは、圭さんの抱えるトラブルを知らなかったことに責任を感じてしまい、自室にこもりがちになり、食欲も減退されてしまいました」(秋篠宮家の関係者)

 結婚延期は、圭さん本人への信用を失墜させてしまったためではないかと、推測している。

 だが、天皇が了承している事案を簡単にひっくり返すわけにもいかない。

「再来年としたのは、小室さん側に対する配慮を含めた表現だったのだと思います。(中略)
 小室さん側からの“辞退”を待つかたちでいったん、2年後に結婚するという発表にしたのではないでしょうか」(宮内庁幹部)

 覆水盆に返らず。もし破談になれば、眞子さんの受けるショックも大きいだろうが、小室さん側も、これだけ世に知られてしまったため、生きていくのは大変であろう。

 次の新潮、文春の続報がどのようなものになるのか、注目したい。
(文=元木昌彦)


Source: 日刊サイゾー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です